イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

HAPPY BIRTHDAY KUMIKO!!

今日、10月30日はKumikoの誕生日。おめでとーKumiko!!
Kumikoは今日で21歳になった、交換留学で来ている女の子で、ちょっとオトボケなところもあるけど、しっかり自分を高めようと考えてるし、しっかりそのための努力をする子。そんなKumikoの誕生日を日本人の女の子6人でお祝いしてきました。
c0052689_814632.jpg

最近はだいぶん学校も忙しくなってきてはいるけど、やっぱり誕生日って特別だから、忙しいとかはあんまり関係ない。いや、みんなが試験中とかってのはちょっと例外だけどね。
それで、今回はみんなで役割分担をして準備したんだわ。うまくいった~。なによりも、私の予想をはるかに超えるほどKumikoがよろこんでくれたのがうれしかったな~。
写真のケーキはもちろんケーキ班の手作り。ちなみに私は買出し班。実は先週作ったケーキは今日のための試作品だったんだが、なんか流れで買出し班になったんで。ま、あのケーキはフラットメイツがえらく気に入ってくれてたみたいなんで、いいんだがね。

21歳、私は必死だった気がする。生きてることに。なんか思い返すと、私、ちゃんと生きてるなぁって思ったりもする。よく生きてるなぁって。いろんなことがあった20歳が終わって、なんかそのことがすごいことだと思ってた。なんか確実に時が進んでるってことが恐かったな。でもそんな風に感じていても時はちゃんと進むわけで。。。そうやって今も私は生きていて、ここにこうしているわけで・・・。なんだかまたちょっと、感傷に浸ってしまって、そしてまた、ちゃんと生きようって思った。そんな今日のKumikoの誕生日。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-31 08:09 | in UK

Corpse Bride

昨日、こっちに来て初めて映画を見て来ました~。Tim Burton監督の“Corpse Bride”
c0052689_1582797.jpg
日本でも公開中みたいだね。こっちでいつ始まったかも知らないんだけど、同時公開だったのかな?

昨日はオランダ人のタイグと日本人のサチと3人で行って来ましたよ。内容については公開中ってことなので控えますが、おもしろかった!英語も難しくないし、楽しめたよ~。あーでも途中で歌になってる部分は微妙にわかんなかったけど。。。最後はしんみりだね。Tim Burtonのはチャーリーとチョコレート工場もそうだけど、ユーモアあって好き。サチいわく、Tim Burtonは天才らしい。

で、こっちの映画館ってエンドロールが始まった時点で電気ついちゃうのよ。なんかね、余韻とかってないの。一応最後までエンドロールも流してはいるんだが、お客さんたちは出てくし、清掃の人たちはゴミ回収始めちゃうし。すっごいラブストーリーとか感動ものを見たあとは、やっぱちょっと余韻にひたってたいよねー。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-28 02:05 | 映画

荷物が届いたら・・・

めでたく荷物が届いたわけです。中身はいっぱい!!表示を見るとなんと14キロも入ってたらしい。ありがたやー父上。

で、リクエストしていた物の中にポッキーと梅干がありまして。
(ってかね、本当は16日のjapanese foods partyに登場する予定だったものがたくさん入ってたわけですよ。1週間あれば届くだろうと思っていたので。)
まずは、私のかわりに荷物を受け取ってくれたケイティにポッキーをおすそわけ。というかポッキーをリクエストしてたら普通のポッキーは来なかった・・・。ムースポッキーが数種。父よ、贅沢をいうことがもしも許されるなら、わたしゃメンズポッキーが食べたかったぞよ。
ケイティはパッケージを見て、「おいしそう!チョコレート好き!大事に食べなきゃ!」って言ってた。やっぱイギ人、チョコ好きだねー。

その後、たまたまサムが「小麦粉貸して」って部屋に来たので、「荷物来たの~!!」と感動を押し売り。そして、何度も電話をしてくれていたのでこれまたポッキーをおすそわけ。あの小袋になってるやつを渡すと「ポッキー!!!!! これ開けて1本もらっていいの?」というので「え?それ全部あげるよ」というと
「Are you sure?」
よくサムは私に「Are you sure?」という。この前もケーキをまた食べたいというので、とってあったやつをあげたらジョンと声をそろえるように言ってたし。そんなに食べ物もらうことが信じられないのか!?(笑 いや、違うと思うけど)
で、サムが梅干嫌いなのは知っていたので、ちょっといじめてやろうと梅干を取り出したら「ゲー。あっち行ってよ。近づくなよ」とかって言われたので、ニコニコしながらそばで食べてやった。あはは。

キッチンでそうこうしてるとケーティ登場。「何ナニ?」って興味を示すのでニオイをかいでみてもらったら、拒否反応は示さず。それがサムには不服だったらしく、いかに梅干たるものが最悪かを聞かせてた。サムにしてみれば梅干は“デビルフード”らしい(笑)

そのあと「Kanaにポッキーもらったんだぁ」という話に。そこでサムはいかにポッキーたるものがすばらしいお菓子かというのをケイティに聞かせてた。。。あきらかに梅干のときとテンション違うんですけど・・・。
「これはムースポッキーっていう種類で、別に普通のバージョンもあるんだ。メンズポッキーってのもあって、それはビターチョコ。あとはストロベリーとかもあって、季節ごとに新しいのが出たりもするんだ」って感じで。おぉ~そんなにポッキーに詳しかったのか!と驚きました。どうやら前に日本に言ったとき、いっぱい買って帰ってきたらしい。

そんなことを横で聞きながら、私は梅干を堪能していたわけ。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-27 07:40 | Flatmates

ストレスその1、完結編!!

いや~、なぜか今日、解決してしまいましたよ、荷物問題。ビックリだな。今日は木曜日じゃないですけど。。。でもなぜか届きました。ハイ。あっけなかったですね。。。

で、ですよ、わが父よ、あらぬ疑いをかけて大変申し訳ない。住所、正しかった・・・。
ではいったいあの「住所に問題がある」ってのはなんだったんでしょう?

ま、ここはイギリスですからね。。。そんなこともあるさ。なんのなんの。問題ナシ!
って思うしかないわけですよ。
最近同じく荷物問題を抱えた子と話してたんだが、日本でこんなことあったら菓子折りモノだよねって。これは立派なミスですからね、偉い人が菓子折り持って訪ねて来るはずですよ。ま、そんなことをここで言っても意味ないですけどね。いいんです、ここは日本じゃないから。
きっと私、日本に帰ったらホントに些細なことで感動できると思う。
業者の対応が早いとか、電車が時刻表通りに来るとか、スーパーはいつも商品が揃ってるとか。。。

そしてそして、荷物についてミラクルなことが・・・。
知り合いの日本人さん、月曜の午前中に日本から出して、今日(水曜)の午前中に受け取った・・・。
果たしてこの差はナニ!?

でもま、届いたので一件落着。めでたしめでたしですよ。
しばらくは日本食ながめてにやけておきます。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-27 07:12 | UKですから・・・

授業の話、初回

ということで、こっちに来て毎日学校に行っているにも関わらず、まったくと言っていいほど授業のことに触れてなかったので、この辺でちょっと触れておこうかなと。ま、今後も触れるかどうかは不明。授業の内容ってか、クラスでの話になることが大いにありえます。

今私が通っているのは大学の中にある語学コース。大学のキャンパスの一角にあります。コース名はEnglish for University Studies(EUS)。ここにはイギリスの大学に進学したいが、英語のレベルが達していない人、交換留学で、学部に入れる英語レベルじゃなかった人とかが主だと思う。みんなの今後の予定とかをアンケートしたわけじゃないのでよくわかんないが。
このコースをクリアすると学部に入れたり、院に入れたり、その手前の準備コースに入れたりするわけです。ま、母国で英語をめきめき勉強して上達した人たちは通過する必要がないってわけ。

で、母国語が英語って人はいないので、結構国際色豊か(なハズ)。

さて私のクラスですが、メンバーの内訳は
日本人(男1、女6)
中国人(女1)
イラン人(男1、女1)
香港人(男1)
コロンビア人(男1)
モルドヴァ人(男1)
フランス人(男1)
の計14人。半分日本人。。。
EUSの中でもレベルわけされてて、もっと上のレベルに行くと日本人は減っていきます。

で、ほとんど20歳前後。男の子たちは大変うるさい。ま、授業に活気があると言えばそうなのかもしれないけど、ただうるさいときもある・・・。先生もお手上げって感じですよ。

では、日本人以外のメンバーについて触れてみましょう。日本語読めないので、一生このサイトを見ることはないこと前提(かも)。

中国人のTiffany。これはEnglish nameです、もちろん。なんでか知らないが、中華系の子たちはみんなEnglish nameを持ってる。どうやってつけるのかは不明。
この子、かわいーのよ。女の子は日本人ばっかなので、最初はちょっと距離があった気もするけど、最近けっこう話すようになった。

イラン人のモハメド。彼はナゼこのレベルにいるのかよくわかりません。単語知りすぎです。授業中、先生が「この単語の意味わかる?」って言ったものにはほとんど答えます。もちろん英語ですよ。しかも大抵正解です。使ってる辞書はミニ英英ですし。で、基本お金持ちです。

同じくイラン人のNoushin(正しくカタカナ表記できない・・・)。彼女は積極的というか、少々自我が強め。あ、これ日本人感覚でね。自分がわからないのに先生が授業進めるのがイヤだし、質問が後回しにされるのもイヤ。ちなみに待つのがイヤ。でも、いい子なんですわ。アサイメントの結果が気に入らないと先生に食って掛かるような積極的な子なのよ。このあとアンダーに行きたいらしく、がんばってますね。在英1年らしい。

香港人のKeen。どの授業でもカンタンなディスカッションをする時間があることが多いんだけど、彼と一緒になるとひたすら自分がしゃべらないといけない。なぜって、彼は自分の意見を言わないから。たいした内容じゃないのにだよ・・・。たとえば「現代が昔に比べて暮らしやすいと考えられる要因は何か。またその逆も」とかでも“No idea”。しかも意見を先に相手に言わせようと“Lady first”とわけのわからないことをよく言う。ペアになりたくない。ってか英語勉強しに来てるんでしょ?とみんな疑問符つけてます。

コロンビア人のフランシスコ。このクラスの日本人以外の生徒の中で、一番聞き取りやすい英語かもしれない。どうやら去年からいたらしく、最新のパンフレットに載っててウケた。スペイン生まれのコロンビア育ちらしい。あんまり授業妨害しない子。あ、Keenはもちろんしゃべらないので妨害してません。 で、最近風邪を引いてて厚着してたけど、治った途端半袖1枚という、おそろしい人です。。。ちなみによく遅刻します。

モルドヴァ人のアレックス。コイツはまさにガキです。たしか18歳。高校卒業してすぐ来たんだと思う。で、この人もお金持ちらしいよ・・・。家、かなりデカイらしいよ・・・。モルドヴァってどんな国か知らないけど、そうとうな金持ちなんじゃないかと。で、うるさくって一番先生を困らせてるのはこの人です。↓のマチューとタッグを組んでますから。間違いなく。で、結構英語しゃべれてる気がする。授業中うるさいので、先生にわざと指名されたりするけど、ちゃんと答えてるし。

フランス人のマチュー。去年ロンドンでのステイメイトがフランス人の女の子で、そのときもちょっと思ったけど、フランス人の英語は絶対にフランス語!!他のコースの子も言ってたけど、日本人の英語も日本語っぽいし、アメリカ発音だろうが、フランス人のはホントにフランス語!発音があのフランス語っぽいのよ。去年のステイメイトに輪をかけてわからない。上のクラスにいるフランス人はそうでもなかったので、きっとここにレベルの差が出てるのかもと思った。最初はペアになるのが恐くってしかたなかったよ。ナニ言ってるかわかんないから。。。でも最近、だいぶわかるようになってきた。

あ~疲れた。みんなにぎやかで、海外ってこんなもんだっけ?って最初は思ってたけど、やっぱうちのクラスは異常にうるさいみたい。先生ごめんねって感じ。でも最近ちょっと落ち着いてきたし、いいクラスだよ?
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-26 09:10 | 授業の話

カテゴリーの整理

え~、こちらに来てからの記事はin UKとかって、適当なくくりにしてましたが、やっぱりカテゴリーわけの意味がないので、もうちょっとちゃんとしようと思います。
とりあえずこれ以降の記事で。

ま、どれくらいカテゴリーの名前に忠実になるかは疑問ですが、一応努力します。
そのうち留学候補生とかにも見てもらえるブログになるといいなと・・・。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-26 08:12 | ごあいさつ

ストレス1のその後3

まだまだ解決しない荷物問題。

結局のところ、月曜日にパーセルさんは来なかった・・・。さすがだ。さすがだね。
フラットメイトのイギ人も呆れてますが、私ほどではない。さすだね。

で、月曜に配達するって言ってたのに、午後、パーセルさんから電話。「もし届いてなかったら電話して」って。

それって、そちらではわからないものなんでしょうか?

で、一応夕方まで待ったが、来るはずもなく・・・。で、電話しようにももう営業時間が終わってるので、火曜日に持ち越し~。

で、今日ですよ。午前中の授業だったので、帰ってきて電話したらオペレーターオフィスが開いてない!
電話するとまず、アンサーマシーンでそれをクリアするとオペレーターなんだけど、クリアしてもオペレーターがclosedでつながらない・・・。

昼休みか!?

と広い心で理解してあげて13時05分、再度チャレンジ。しかし状態変わらず。
結局また別の番号に電話して、なっがいこと待たされてようやくオペレーターにつながった。は~。

でも、月曜に来るって言ったじゃない!とか、恐くって言えない私。
しかもどうやら住所に問題があるらしい。パーセルさんの対応もよろしくないんだが、どうやらウチの父親が住所を正しく書けてなかった可能性がここに来て浮上・・・。
私にしてみたら、

まったくどいつもこいつも・・・!!

ってところ。とりあえず、今日交渉の末、「何時かわかんないけど、木曜日に配達する」ってところで落ち着きました。
さぁ、果たして木曜日こそ来るんでしょうかね?「取りに行けばよかった」なんて言わないで済むようにしていただきたい。
今日ちゃんと「木曜日」って言ったし、住所の確認も2回しましたか!!

頼んだよ、パーセルさん!!
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-25 22:37 | in UK
最近、どらまきんさんのブログで、為替がありえないことになってるっていう記事は読んでたんです。で、なんていうか知らないけど、どこの利益も加算されてないレートを見たら1ポンドが207円とかだったのよ、そのとき。で、さっき自分の目で確かめてみました。実際にキャッシュにするにはいくらなのかと。

発表します。
日本円から外貨へ現金の場合、
GBP 216.15円ナリ。
ちなみにT/Cですと、209.15円ナリ。

なんで、今こんなに高いんですか?出発時に持ってきたお金がそろそろなくなるなぁって思っているこの時期に。なんでですか?

もー。
ホントにそろそろお金、なくなってくるんです。なのにまだバンクアカウントを開いていないので、送金もしてもらえないし、カードを使い始めたところなんです。で、今週中にはバンクアカウントの申し込みをしようと思ってるんですよ。なのに!!

アカウントを開いてもこれじゃぁ送金してもらえない!!
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-24 05:46 | in UK

あれ?更新しすぎ?

なんか今日は昨日の疲れがとれてないのか、やる気が非常におきませんよ。勉強を。
なので、今日の出来事をつらつらと書いてみようかと。おもしろくもなんともなくって申し訳ないが。

今日はとりあえず起きたのが昼過ぎ。午後はケーキ焼いてみました。ちょっとヤボ用で。高校の頃から愛用のレシピを持ってきてないので(まさかこっちでお菓子を作るとは思ってもいなかったので)、ネットで探して良さ気なのと良さ気なのでコラボさせてみましたよ。
友達とフラットメイトのディビアと3人で作ったらあっという間。たぶん1時間とかくらいで焼きあがったな。

ホールで焼いたので、8等分にして、作った3人で一切れずつ食べた。
お味は、、、成功です。ディビアはもっとふわふわしたやつがよかったみたいで、ベーキングパウダーでもっとふくらませたかったみたいなんだけど、私と友達はけっこう今日のが満足。どっしり思いわけでもなく、ノドが乾くほどふわふわでもぱさぱさでもない感じが。

残りはさらに半分に切って、フラットメイトに配りました。試作品だけど食べて~って。評判は上々。こっちの人は本当にチョコレート好きなので、無難だったなと思う。

で、ちょうどメッセに現れたタイグ少年にもpractice cakeのおすそ分けに行きました。ちょいと立ち話。

で、それから例のごとくtescoへ。買出し~。今日は重かったよ~。tescoに行くたびに思うんだけど、
“なんで私はなで肩なんでしょう?”
肩に鞄をかけて重たい物を持つと、あ~ら不思議、鞄が落ちてきますよ。まったくやっかいなものですよ。次からはウエストポーチで行こうかと、真剣に考えながら帰ってきた。友達の中には、“リュックだとその中にも荷物入れられるから、買出しにはベンリだよ~”って言うコもいるんだが、なで肩の私、リュックでも同じ現象が起きること間違いなしなんですわ。リュックしょって走ったりできない人ですから。なぜって?それはリュックの肩ひもが落ちてくるからに決まってるじゃないですか。。。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-23 04:40 | in UK

ストレス1のその後2

いや~今思い出してもハラハラの一日をお伝えしましょう。
それは昨日(金曜日)の話。

8時15分頃
朝、学校に行く前にメールチェックをすると、前日だか前々日だかに送った苦情メール(たぶん第3弾)に対するお返事が。。。
ま、要約するとですね、
「荷物についての詳しい情報(差出人の住所、受取人の住所)などを送れ。
で、もうこれ以上このことについてのメールはしなくてヨシ。」
おっと~~~。って感じ。荷物の詳細についてはもうすでにメールしてるし、最新のメールには「詳細についてのメールは送った」って書いたのに。また送れと。しかもこれ以上言ってくれるなと。はぁ~?と怒り心頭のまま学校へ。

10時半頃
学校の休み時間にちょうど電話がかかってくる。private callって表示だったので「もしやパーセルフォースでは!!」と思って教室を出て電話をとる。これまた要約すると、
「あなたの荷物、詳細を送ってもらって探したんだけど、見つからない。どうやらなくなったらしい。飛行機の関係もあるから、日本のオフィスに依頼して探してみろ」
お、そうきたか!ってかlostしただとー!と一瞬いかってはみたが、即効落ち込みに変化・・・。
教室に戻って、集まってた女の子たち(日本人・中国人・イラン人)に心の叫びを聞いてもらった。よって、授業の後半はすっごい凹んでた。もうなによりも早く帰って日本に連絡をとらなくては!って。

12時半頃
授業が終わって、みんなに励まされながら帰途につく。ちなみにちょっと早足(笑)
途中でふと携帯を見てみたらvoice mail(留守電)が入っていたので、聞いてみたらなんとparcel force oxfordから。で、要約すると
「あんたの荷物、ここにあるんだけど、いったいいつ届けたらいいわけ?そこんとこ、今からいう電話番号に電話してよ。」
はぁ~~~~?なくなったんじゃなかったの!? とパニックに陥る私。歓喜よりもパニック。もしや聞き間違いか!?と思ってじたばたしてると、ちょうどそこに英語ペラペラのオランダ人の友達が。挨拶もそこそこに有無を言わさず留守電を聞いてもらう。で、説明されるとやっぱり自分の聞き取ったことがあってた!あ~よかったよかった。とりあえずなくなったなんてのはウソでーと思って、一安心。そこからの帰り道は、延々荷物が届かなかったこれまでのエピソードを話して聞いてもらった。

1時頃
部屋に帰りついて、キッチンで先日電話をしてくれたフラットメイトのサムさんがいたので、またもや留守電を聞いてもらい、officeに電話してもらう。で、結局「今日持ってきて」っていうと「ムリ。今日行ける保証はない」と言われたので、おとなしく「月曜の午前中」というところで落ち着かせてもらった。これで一件落着といかないのが、この国のおもしろいところで。。。

もう興奮気味に友達に連絡。彼女も同じくらいに日本から荷物を送ってもらってて、いまだに受け取れてない人の一人。彼女の場合、配達されてもないのに“配達を試みたけどできなかった”って記録が残ってたり、“○○に再配達します”って言われたのにすっぽかされたり、、、という感じ。もう毎日学校に行って励まし合って早1週間強。

翌日の12時頃
前出の友人に「荷物来た?」と連絡してみた。彼女、今日(土曜日)の午前中に再配達してくれってリクエストして「土曜日だと手数料がかかる」って言われたけど、それでもいいから受け取りたいって土曜日を指定したので。
結果から言うと、受け取れていない。というか、来ていない。。。


はたして私の荷物は月曜日に本当に届くのか!?
もし届かなかったらオフィスまで取りに行こうって友達と話してるところ。もう、このストレスから早く解放されたい一心ですよ・・・。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-23 02:15 | in UK