イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:本( 9 )

c0052689_728192.jpg久々にブックレビューです。英語読まなきゃーとかいいながら日本語の本でゴメン。。。

なな経由でa-taroさんから借りていた『サウスバウンド』を先週読み終わりました。奥田英朗(オクダヒデオ)さんは『空中ブランコ』で直木賞を受賞されている作家さん。初めて読みました。

感想:おもしろかった~。

いっきに読んでしまったよ。次、次っ!!て感じでどんどんページをめくってました。
僕の父さんは元過激派とかいうやつで、いつも家にいて小説を書いている。学校なんか行く必要ないとか言うのだけれだけれど……。少年の視点を通して、変わり者の父に翻弄される家族を描く、長編大傑作!(Amazon.co.jpより)
ってことなんだけど、傑作かもしれないね~。

過激派とかの話はよく知らないんだけど、ちょっとわかったかも(?)。
主人公の小学生、二郎の視点で考えながら読むとおもしろかったです。
なんていうのかなぁ?子供って子供の世界があって、大人とは違うんだけど、それでもやっぱ大人の影響を受けずに育つってのは難しい。だけど、その影響を鵜呑みにするのはよくなくて、それは子供も子供なりに気付く。そこで考える。そうして考えながら成長していくもんなんだねぇ。『考える余地』を取り上げてはいけないな。

あとは家族の絆ね。なんだかんだと問題あるんだけど、結局最終的には家族の絆で乗り切るの。あ、これネタバレかも。だけど、それぞれの形で生きていく。そうやって大きくなっていく。人間的にね。
そうだなぁ、どういう生き方、生活の仕方、思想が正しいのか。そういうことを問うているわけじゃないんだけど、正しい正しくないではないってことは伝わってきたような気がする。

よく思うんだけど、小説書くときってさ、きっと何か伝えたい、知らせたいことがあるんだと思うんだよね。でもそれがその通りに読者に伝わるかどうかはわからない。だけど、たとえ作者の意図していた通りでなくても、何かが読者に残るのってすごいなぁと思う。
やっぱ本っていいねぇ~。日本帰ったらまた図書館行くかな。


最近何か本、読みました?人気blogランキングへ
[PR]
by brioso-brioso | 2006-05-04 08:02 |
c0052689_1062518.jpg冬休みに日本に一時帰国していた元クラスメートのa-taroさんに借りているリリー・フランキーの東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~をさっき読み終えた。何日かかけてやっと。本当は一気に読んでしまいそうだったけど、寝る前に読んでると泣きそうで読むのをそのたびにやめていたら、けっこう時間がかかってしまった。今日は暇な金曜の夜だったので、思いっきり泣きながら最後まで読み進めた。トイレットペーパーを半ロールくらい使った。鼻が痛い。

この本はリリー・フランキーと母親を軸にした自伝的小説。小説だけどノンフィクションだと思う。

舞台となるのは私の地元でもある福岡県の北九州市近辺。私の住んでいたところが出てくるわけじゃないし、方言もちょっと違う。でも似たような表現が多くって、さらに泣ける。舞台の光景が目に浮かんで泣ける。ところどころに出てくる固有名詞がわかって泣ける。

この本は、今の私にはちょっとつらかった。リリーさんとは違う状況、歴史であるにせよ、母と子の話は私にはちょっとまだつらい。まだというか、たぶんずっとつらい。

いろんなことを思い出したし、共感したし、後悔した。

今までもノンフィクションの作品というのはいくつも読んできてはいるけど、自分の知ってる土地を舞台として起こった話が出てくるのは新鮮だったし、懐かしかった。それが私の感情をよりゆさぶったのかもしれない。

この本は、今の私にはちょっとつらかったけど、今読んでよかったかもしれないとも思う。
私とオカンの話はまた2週間後に。
[PR]
by brioso-brioso | 2006-01-28 10:04 |

ぎゃぼっ!!

なななんと、「のだめカンタービレ英語版」なるものが存在しているらしい!! ぎゃぼ!!

あ、はい、すいません。最近まったくやる気がないんです。すべては先の見えない今の生活が原因です。もうちょっとがんばろうとは思ってます。。。

ところで、ですよ。言い訳は置いといて、これ、私にとってかなりのニュースなんですけど。もうあれよあれよという間にはまってしまって、結局、最新刊である12巻まで読んでしまいました。おもしろい!ので、ぜひみなさんも☆

いや~英語版ココでちょっと見れます。日本語でのおもしろさを知っているので、英語になっててもほぼ無条件で笑えるんだけど、実際英語圏の人にとってはどうなんだろうねぇ?まー話自体がおもしろいので、その辺が伝わってればいいんだけど、でも、ぎゃぼっとかが英語にならないのはちょっと残念。。。“Ahhhhhh”じゃ足りないデス。。。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-06-11 17:19 |

大川って!!

すっかりハマッてしまってます、のだめワールドに。
今日の帰りに買ってきた「のだめカンタービレ」で、ついにナゾだったリアルのだめが・・・!hahiuさんのコメント(6月8日の上から6個目)にあったように、出てきましたよ、大川が。のだめの実家が。きっとこれはリアルのだめにもリンクしてるんでしょう。それにしても大川!マイナーだろうに。。。ちなみに家具の町として有名。コミックに出てくる場面で、千秋が博多駅に到着して、運賃表で大川駅を探すんだけど、ないの!ここ笑った~。そうです、大川駅なんてJRの駅はありません。西鉄・柳川駅が近かったような。。。残念千秋。

私の使ってる方言と、コミックに出てくる大川の方言とは違ってて、でもわかるからおかしかった~。方言って、聞いたり話したりするのは難なくこなせるけど、活字で読むのってつらいね。改行の場所によってはよくわからんくなったりする。

(注:以下、普段の私の方言調)
すっかりのだめワールドのとりこになっとるっちゃね、私。ってか、読んどったらやっぱクラ吹きたくなってくるっちゃ。危険やん。今度の日曜に吹奏楽祭、聴きに行くことになっとぉし。また絶対吹きたい病が発病するわぁ。
あぁでも続きがはよ読みた~い。それよかオケで合奏した~い。でももう全然うまく吹けんっちゃけど。そうとう悔しいけど、それもまた仕方なし。
そういや、ホントにリアルのだめは大川でピアノの先生しよるんやか? でも、リアルのだめはコミックののだめみたいな人っちゅうわけやないんよね。なんか残念。大川にのだめがおると思ってしまっとった。あぁ~私ものだめワールドの一員になって、あのおもしろそうなR☆Sオケに入りた~い。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-06-10 03:12 |

のだめカンタービレ

まんまとはまってしまっています。のだめにやられています。昨日3冊買って、今日もまた3冊買いに行ってしましました。はっきり言って、もう止められません。

のだめ、実は野田恵といいます。音大でピアノ科に在籍しています。ピアノはうまいけど、めちゃくちゃらしいです。ここんとこ、イマイチ理解できない。
のだめには“のだめワールド”としか表現のしようのない世界が存在します。いや~あっぱれ。

読んでいない人にはなんのこっちゃわからないでしょうが、笑えます。癒されます。そして、うらやましくもなります。

あんな学生生活っておもしろいやろーねーと。大体音大に行く人たちって、普通の大学に行く人たちに比べると少々個性の豊かさの範囲が違う。音大に行く人たちの所属してるようなとこに私も昔いたんでわかります。でもあんなにおかしくはなかったぞ。でも正直、音大ってあんなことかもと思ってします。

なんか作者の取材に協力してる人の中に、のだめがいるらしい。巻末にリアルのだめとして名前が登場しています。このリアルのだめについては詳しく書かれていないんだけど、このリアルのだめもあんな性格なんだろうか?? 仲良くしてると本当に疲れそうだけど、友達の輪の中にいたら絶対観察して、観察日記をつけたくなること間違いなしって感じです。

>hahiuさん
もうだめです。のだめ最高です。癒されます~。のだめになりたい。あんな風にちょっと生きてみたいです。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-06-07 23:37 |

マンガも気になる

二ノ宮 知子さんのマンガのだめカンタービレが気になります。ちょっと前に本屋に行ったときがちょうど新刊発売直後だったらしく平積みだったんですよ。
c0052689_12151142.jpg

この12巻の表紙、クラリネットを持った女の子じゃぁないですか!何々と気にならずにはいられなかったワケ。一応私もプレーヤーしてましたから。一応ね・・・。読みたい衝動に駆られたけど、もうすでに12巻。買うには多すぎる・・・と思って断念しました。そしたらさ、excite blogの5月のライフログでこの『のだめカンタービレ』の12巻が1位じゃぁないですか!もうダメです。読みたい・・・。
クラシック音楽をやってる人たちの話らしくって、オケのシーンなんかは結構よいらしい。いや~読みたいじゃぁないか!!どうしよう、買ってしまいそうだ・・・買ってしまいそうだ・・・買って・・・。ヤバイ・・・ヤバイ・・・ヤバ・・・。
誰か買って♡
[PR]
by brioso-brioso | 2005-06-05 12:16 |

本、本、本の日。

今日は天気よかったね~風がちょっと強かったけど。。。そんな中、今日は久々に図書館に行ってきました。やっとです。はい、この前借りた本、返却期日はとっくに過ぎてましたが、返しに行ってませんでした。すみません、図書館さん。。。

まずは図書館のお向かいさんの役場で住民税のなんちゃらを。と言っても私は去年度は正真正銘の学生だったんで、書類にハンコ押したらおしまいでした。あっけなかったなぁ。私は学生で、親の扶養に入ってるから納税しなくっていいらしい。ま、ココに住んでなかったけどー。

そのあと図書館。大好き図書館♡と言いつつも行ってなかったんだけど・・・。
また調子こいて本いろいろ借りてしまったよ。懲りないね私も。かごナシのマイチャリで帰りはひどい目に合うのをわかっていながらも借りてしまう。

前々から海外に行くならやっぱ歴史を勉強しておかないとって思ってて。やっぱ今の世界情勢の話とかにまったく意見できないのもイヤだし、第一知っていないってこと自体がイヤかもって思い始めてて。でも、私は昔から歴史キライ。しかも高校では世界史も日本史もやってない。いや、世界史はおまけみたいな感じで1ヶ月くらいやったかな。なんか高校課程で必ず歴史科目はやんなきゃいけなかったとかで、ちょっと。3学期のあまった部分だけみたいな感じだったような・・・。
それにだよ。去年の夏にイギリス行ったときにいろんな観光地にも行ったんだけど、やれ○○3世やら△△軍やらが説明に出てくる出てくる!日本語のガイド聞いててもさっぱり。もう聞き流してたに等しいよ。。。そのとき一緒にまわってたルナと「やっぱ歴史って勉強してて損ないね。ってかやってないとのちのちわからないことがいっぱいになるって、今気付いたよ~」って話してて。そのときからもぼちぼち世界史を学習したくなってたわけですよ。でもなにぶんまったく世界史なんてしたことないし、もともと歴史キライだしー。ってことで手をつけてませんでした。
でも、やるなら簡単にサラ~っと読める読み物タイプの本がいいかな~とか、まじめすぎないやつがいいよね~とかっては思ってたわけです。そこで今日図書館で探して、それっぽいのを借りてきました。題して世界で一番おもしろい世界史
c0052689_22213924.jpg
もうこれっしゃないでしょって題名。中身は各街ごとに書いてあるみたいです。
そして現代史こそ知っていなくては!ということで、そうだったのか!現代史です。これは週間こどもニュースで2005年3月までおとうさん役で出演されていた池上彰さんの本。c0052689_22204577.jpg
こどもニュースは見たことなかったけど、評判がいいのは知ってたし、わかりやすそうだったんで選びました。戦後の歴史に触れた本。
そして最後に、やっぱ世界各国のこともいろいろ知りたいってことで、学校の資料集みたいな本を見つけたのでこっちも借りてみました。
世界各国現代史ダイジェスト―ニュースを読む。もう題名のまんまの内容です。ホントにひとつひとつの国について書いてあります。
でも今日のなによりの収穫はコレ!今がわかる時代がわかる世界地図 (2005年版)c0052689_22224773.jpg
大学の生協でこの本を見たのはもう何ヶ月前でしょうか。そのときは立ち読みでガマンしたけど、できれば買いたかった本。でもよく行く近くの本屋にはなかったこの本。図書館の帰りに行ったスーパーの中の本屋にあるではないですか!!もうすでに荷物は重かったし、ちょっと迷ったけど、やっぱし買ってきてしまいました。内容豊富。けっこう「あーそうなんだぁ」ってのが多くっておもしろいですよ。
ちなみに村山由佳さんの星々の舟も借りました。c0052689_2219583.jpg
村山さんの作品は好きで結構読んでます。最近ではすべての雲は銀の…がおススメ。c0052689_22195994.jpg
つい最近も読み返しました。文庫版は上下巻に分かれてます。厚い本だけど、スイスイ読んでしまいましたよ。読後は“さぁ前を向いて。さぁ進もう”と思わせてくれる、そんな感じの一冊です。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-05-20 22:24 |

ついでに本の話も

最近読み終えた本で、山本文緒さんのプラナリアがあります。
c0052689_20375257.jpg

山本さんの本は前から好きで、文庫本ならほとんど持ってます。逆に言えば、文庫本しか、持ってない。。。倹約家なのでということにしといてください。
今までも山本さんの小説を読んできましたが、久々に読んだ山本文緒作品は、今までに読んだものとちょっと違う気がしました。いや、よい意味で。山本さんはこの本で直木賞を受賞されてます。受賞以来ずっと読みたかったんだけど、なにせ倹約家なもんで、文庫本化を待っていたわけですよ。でも待っても待っても出ない。この前、久々に図書館に行った日(昨日じゃない)にたまたま目に入ったので、借りちゃいました!

短編集なんですが、その中でもネイキッドがスキです。文学的にどうのこうのというのはまったくわからないけど、どれも社会的弱者(とされてしまった人、もしくはそう思ってる人)を軸に話は進んでいきます。
その主人公たちのひねくれてて不器用な気持ち、わかります!

なにも望んでそうなったわけじゃないんだけど、一度なってしまったがために、もう通常の社会に戻れなくなってしまう。そのうち、それでもいいんじゃないかと思う。ゆえに社会との差が大きくなる。。。

自分がどうやって生きるのがいいのか・・・みたいなことをいろいろ考えてしまいました。自分も社会も、柔軟に生きれたらなーとかって。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-04-25 20:47 |

昨日はしごした本屋の話

まずジュンク。留学関連の本とかを見てました。でももう一通り読んだりしてるし、もはや新しい発見がない。。。しかもアメリカ向けの本が多くっておもしろくない。

ちょっと気分を変えて次は紀伊国屋。ここではPCの本とか見てみようかと。Skypeのこととか見に。そうそう、最近SkypeをDLしましてね。いやー、これすごいみたいね。ネット経由でタダ電話!?IP電話とかなにやらよくわかんないけど、とにかく安いらしい。しかも、ほかにはなにやらただTELとかいうのもあるらしく、それはタダで普通の固定電話とかとも話せるらしい。こっちはまだなにもしてないけど、SkypeはDL済み。あ、でもマイクとかまだ買ってないから・・・ヘッドフォンはあるけどさ・・・ってことでまだ文字打ってのチャットしかできないんで、つまりはメッセンジャーと同じ機能・・・意味ないし!!     
それで、Skypeの本ですよ、見ようと思ったらそのコーナーにホリエモンの本が平積み。しかも表紙に写真入り。いやになってその場を立ち去った私。 だってさ、あの人なんか好きになれない。苦手。嫌い。見たくない。なんかさ、いやなんよね。

結局は短歌のコーナーに移動。ココログでやってる枡野浩一さんのblogが本になったやつを買うことにしました。
短歌を始めたのは枡野氏の影響を多大に受けてのことだったんだけど、最近はあまりスキじゃなかったんだよね。作品がってわけやないけど。彼はすごいと思うけど、一人のみに影響受けるのはどんな分野にせよ、よろしくないと思って。でもこの本は一般歌人のみなさんの歌が載ってるので。それに枡野氏のコメントが書かれてるというタイプの本。歌はもちろん、コメントもおもしろいです。ぜひ☆かなしーおもちゃでちょっと立ち読みできます。

そうそう、この枡野氏、漫画家の南Q太さんと結婚してたんだけど、いつのまにか離婚してた。なんでだか知らないけどねー。なんか以前の作品では“すごく夫婦円満なの!!”みたいな記述(短歌以外の部分でも)が多かったのにねー。最近の枡野氏の記述からはどうも吹っ切れてない感が滲み出すぎてる。滲んでるというか、もろ書いている感じ。その辺が私が遠ざけてた理由でもあるのかな?
まーそんなことはどーでもよいのだが!!

紀伊国屋で買ったあと、その袋を持ったまま、再度ジュンクへ。こっちのほうが大きいし。
どっかに旅行に行く予定なんてまったくないけど、旅行本のコーナーへ。NZとかUKとかのを見てました。NZはホストファミリーが引っ越した先の街のところを読んだり、前に行ったところの記事を読んだり。そう、以前は連れられてるだけで、あんまりよくわからずに観光地を回ってしまってたので、帰ってきてから知ったこと多々。もったいなーい!!
となりの本棚で新・女ひとり旅読本―ガールズ・バックパッカー・マニュアルなるものを発見!ほかにもバックパッカー本はいろいろあったんだけど、思わず手にとってしまって、時間まで熟読してしまいました。
ジュンクの旅行本コーナーの横には座って読めるスペースがあって、そこで読んでました。まるで図書館のようです。他の人は何冊ものガイドブックを開いてて、きっとどれを買おうかとか、どこに行こうかとかを検討してたのかと。
この本、海外一人旅をしたい女性にはよいかもしれないけど、かなりアジア(とくにタイ)に偏った情報になってます。アジア以外に行きたい人は立ち読み程度でよいかと。でも、女の子の一人旅って、こんな風にみんなやってんだ!とかっていいう、基本事項はためになりそう。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-04-23 12:16 |