イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:travel( 16 )

鹿児島行って来ました

29日から1日までの3泊4日で大学時代を過ごした鹿児島に行ってきました。大学院に進んだ同級生も今年で卒業だからね。きっとあぁやってみんなに一気に会えるのは最後だったんだろうなぁ。

今回は人に会うことがメインだったから、鹿児島の街はちょこっとプラプラしただけだったんだけど、変わったところもあり、変わってないところもあり。やっぱり懐かしい場所でした。
天気がよくなかったのが残念だったけど、けっこうたくさんの人に会えてうれしかったわぁ。4日間、食べて・飲んで・笑っての毎日でした。

『鹿児島行くよぉ~』の一言で集まってくれるみんな、ありがとう。修論がんばって!!就職活動もがんばって!!
[PR]
by brioso-brioso | 2006-09-01 21:24 | travel

seven sisters

さて、最近イライラ・モヤモヤ・ダラダラしてたので、「ここはいっそ気分転換」ということでちょっくら日帰り一人旅してきました。行き先はイングランド南部のイーストボーンにあるセブンシスターズです。白亜の岸壁が有名な海。昨日は天気もよかったので、キレイでした~。

まずはバスでヴィクトリア駅へ。そこから電車でゴー!
私が乗るはずだった電車、8両編成だけど途中で切り離すので後ろの4台しかイーストボーンに行かないものでした。で、ボーっとホームを歩いてたら前に行き過ぎちゃってて・・・ホームを走って戻ってたら向こうから同じようにニタニタ笑いながら走ってくる駅員(?)のおっちゃんが「what's going on?」 おっちゃんがコレなら大丈夫だからと言うのでその車両に。おっちゃん、ありがとう。ロンドンにも優しいイギリス人がいてよかったよ(笑)

電車では通路はさんでとなりに3歳くらい(?)の男の子とママが。その男の子がよ~くしゃべるのよ。聞いてておもしろかった。イーストボーンのおばぁちゃんに会いに行くらしかったんだけど、どうも彼は飛行機に乗りたいらしくって。途中ガトウィック空港駅に停まるんだけど「ママ、降りよう。ここでしょ?ボクらが行くのはココでしょ?」って。ママはもうあきれてましたよ・・・。それからもボクはず~っとしゃべってたよ。おもしろかったわーあのこ。ママいわくおばあちゃんがジャケットのプレゼントを準備してくれてるらしいんだけど、ボクは黒じゃなきゃいやなんだって。黒じゃなきゃカッコよくないらしい(笑)

さ、そんなボクのおしゃべりを聞いてるとイーストボーン到着。そこからローカルのバスで20分くらい。バスのおっちゃんがまたいい人で(?)降りるところを教えてあげるねって言ってくれて。しかもなんでかわかんないけどお金いらないって・・・ラッキー。
でも結局おっちゃん、降りるとこ教えてくれるの忘れたんだけどね(笑)通り過ぎて私も「あれ?ここじゃないの?」って思ってたらバスに乗る前にちょっと話してて近くに座ってたおばあちゃんが「セブンシスターズよ!!」って教えてくれて前に言ったらおっちゃん「ゴメン忘れてた。ちょっと歩いて戻ってね」だって。いーよ、そののんびり加減。素敵よ。

さて、セブンシスターズ、ガイドブックでもおなじみの景色はここからは見えない。原っぱをひたすら歩きましょー。途中にはヒツジちゃんのウ○チがいっぱい落ちてるから注意。三輪車とか自転車に乗ったチビっこが突進してくることもあるので注意。あと、犬もいっぱいいる。。。
30分くらいのんびり歩いてると向こうに白い崖が!!そして目の前には砂利と海!!
c0052689_19215941.jpg
c0052689_1922107.jpg

いやーきれいだったよ。なんかのーんびりしててね。「コレ、イギリスなのかぁ?」ってくらい。海のないイギリスしか知らないもんでね・・・イギリスの海って始めて見たよ。

散歩コースは崖の下にたどり着くのと崖の上を歩くのと2つあります。私は高所恐怖症なのと、初めてだしやっぱ崖を見たかったので、崖の下に行きました。上に行ってる人もいたよー。もし行く人いたら、上は柵とかないので気をつけてください。

ここの海、砂浜じゃないのよねー。砂利ジャリ。歩くのちょっと大変デス。しっかりした靴で行きましょう。イギリス人はよく散歩とかするので『ウォーキングシューズ』をちゃんと履いて来てる人もいました。私はコンバースで・・・底が薄いのでジャリのとこはちょっと痛かったです。。。

海見て崖見てボーっとして。イライラ・モヤモヤ・ダラダラとかを考えるために来たはずだったけど、そんなことを考えることさえも忘れてしまいました。

海辺の滞在時間は1時間くらいだったと思うけど、もっとのんびりしたいねー。でも夏は日差しがキツそう・・・。でっかいパラソルとか立てたいね。でも風が強いから無理かー。

もう1回くらいは行きたいね。今回はお菓子持ってったけど、今度はお弁当持って行きたいね(日本人だから・・・)。



久々復活―今日の英語―
cliff: (主に海岸の)岩壁


クリックしておくんなまし。人気blogランキングへ
[PR]
by brioso-brioso | 2006-04-23 19:34 | travel

budapest 3日目 (4月11日)

観光最終日。

10時からのガイドツアーに参加するため、朝イチで国会議事堂へ。9時半くらいにチケットを購入して時間を待つ。ちょっと雨降って寒かったなぁ。
中はこれまたゴウカでした!!ステンドガラスがキレイだったんだけど、これは第二次世界大戦のときは取り外して地下に保存してたとかで、オリジナルもものなんだって。すごいね。なんか、古いもの見ると「そういう歴史をこれは全部辿ってきたんだなぁ」ってヨーロッパに来て思うようになったかも。
国会議事堂の高さも聖イシュトヴァーン大聖堂と同じ96m。そしてこれは左右シンメトリーな作りです。
c0052689_20472510.jpg

それからお向かいさんの民族博物館に行ってからランチ。ドナウ河を渡ってみたら2日前よりもだいぶん水が引いてた。
c0052689_20492992.jpg
後ろに見えるのは市場のそばからかかってる自由橋。そしてこのトラックが通ってる道は2日前には水没してた道。。。

次はリスト記念館へ。リストはハンガリー出身の有名な作曲家。ピアニストとしても有名。私の中では「レ・プレリュード」の作曲家。この曲は私がオケに入って初めてやった曲で思い出の曲。この原譜とかあるかな~と思って言ったけどなかった。。。この記念館はリストが最後の何年かを過ごしたアパートの部屋をそのまま利用してるらしく、入り口が大通りに面してなくってちょっと迷っちゃった。。。しかも中の展示物にはハンガリー語でしか説明なくって困った・・・。でもレプレがないことはわかったよ。。。

それから地下鉄で英雄広場に移動。誰だか知らないけど英雄さんたちとご対面してから西洋美術館へ。ここでは特別展が行われててウィーン美術史博物館にあるはずのベラケレスの「青いドレスのマルガリータ・テレサ」の絵があってラッキー!!反対側には緑バージョンも。解説によると緑のほうはベラケレスの弟子で養子(son in law)の複写版。ドレスの色だけじゃなくって、目と手の感じが違うんだってー。並べて見てみたかったなぁ。

でもここ、館内案内のパンフとかなくって困った。。。絶対見逃した絵とかありそう。でも人物画が多かったな~。私風景とかのほうが好きなんだよね。やっぱナショナルギャラリーが好きだ~。

それからカフェとか近くの公園を散歩したりして夕飯までの時間つぶし。食べ終わってから夜景見たかったから時間調整ね。散歩してたらこんな建物が。
c0052689_2112216.jpg
ヨーロッパの童話に出てきそうな建物。でも実は農業博物館のお土産屋さんとかに使われてる建物だった・・・。

さて、いよいよ最後の晩餐はちょっとちゃんとしてるレストランへ。スニーカー+ジーンズでOKかなぁと不安ながら行って見たら全然平気だったみたい。ここでやっとハンガリーの名物料理パプリカチキンに出会えました。そしておいしかったー!!c0052689_2143628.jpgc0052689_2144740.jpg









最後にドナウ河沿いまで戻って夜景を見てきました。ブダペストは夜景もキレイな街で、くさり橋・王宮・マーチャーシュ教会・国会議事堂なんかが絵葉書でも有名。
c0052689_2171337.jpg


ブダペストの旅はこれにて終了。4日目は帰国のみだったので。


人気blogランキングへ
[PR]
by brioso-brioso | 2006-04-16 21:08 | travel

budapest 2日目(4月10日)

さぁ、2日目は中央市場からスタート!!
c0052689_20424597.jpg
1階には食料品、2階は民芸品と軽食。似たような品揃えの店が多かったけど、商売やっていけてるんだなぁとか冷静に考えてしまった。。。でも「地元の人用」っていうか「観光客向け」って感じもしたなー。でもやっぱりパプリカおいてるところは多くって、海がないから魚屋さんはない。ちょっと不思議。日本で市場といえば「魚」な感じがするから。。。

中央市場前から伸びてるヴァーツィ通りというのはブダペスト随一のショッピングストリートらしい。が、そうでもない印象だったなぁ。通りの市場側半分は完全に観光客相手のお土産屋さんが多かったしね。向こう側には洋服屋さんとかあったんだけど、ショッピングを楽しむほどではなかったな・・・。お土産ならなんでも揃いそうだけどね!

それから聖イシュトヴァーン大聖堂へ。
c0052689_2047177.jpg
ハンガリー建国の父を祀ってるらしい。高さは国会議事堂と同じ96m。これは建国の896年にちなんでるらしい。中は荘厳な感じとしか言いようがなくって、入るとちょっとひんやりしてた。

そして国立オペラ劇場(オペラハウス)へ。ここでは英語のガイドツアーに参加。このガイドのおねえさんがかわいらしかったんだよ~。そして英語もキレイで聞きやすかったし、説明を理解してる自分がうれしかったわ~。
見学中は撮影禁止だったのが残念。舞台裏とかは見れなかったんだけど、オペラ観劇に来ただけでは見られないところも見れたからよかった。ほとんどハンガリー産のものを使って作ってるんだって。英語ツアーにいた日本人のおばちゃんたちが「英語のグループはやっぱり多いねぇ。あっちのドイツ語が少ないよ。どうせ聞いてもわからないんだしあっちに行く?」って相談してたのにはウケた!!

夜ホテルに戻るとちょっと郊外のTescoにホテルそばのバス停から無料バスがあることを聞いてさっそくTescoへ。ハンガリー来てまでTescoかい!!というツッコミはなし。結局Tescoでワイン2本買ってお土産に~。


人気blogランキングへ
[PR]
by brioso-brioso | 2006-04-15 20:56 | travel

budapest 1日目(4月09日)

さ、いざ初の一人旅出陣は朝4時過ぎ!! 仮眠をとってからでかけるはずが、(なんともありがたいことに)寝ようかって頃にさちとnorikoが部屋に来た。。。私寝れなかった・・・。二人は寝てましたけど・・・なんで!?

さ、空港行きのバスでも飛行機でも爆睡!飛行機に関しては離陸よりも先に寝たし。

ブダペストはいい天気~。まずは荷物を受け取ってからインフォメーションでブダペストカードを購入。これは公共交通機関がすべて無料になったり、観光地の入場料割引とかがあるカード。交通機関タダだけでも結構うれしい。切符買わなくっていいしね。ブダペストは検札が面倒な上に厳しいらしいので、観光客にはその心配しなくていいだけでもラッキー。
空港からホテルまではairport mini busというのを利用した。これは空港を市内のホテルを結んでくれるバスで、帰りも予約してればホテルまで迎えに来てくれるという観光客にはありがたいバス。さっそく往復チケット買いました。

ホテルはシングルで予約したけど、そのときツインの部屋1つしか残ってなかったみたいで、シングル料金でツインに泊まってしまいました。ラッキー。ホテルはキレイだし、バス停からすぐだし、フロントの人はみんな英語通じてよかったです。教えてくれたまどか、ありがとー☆

部屋について、激ネムだったけど、この晴れた1日をムダにしてはいけないと思ってさっそくフロントのおじさんに“王宮方面”への行き方を聞いて出発。最寄の地下鉄の駅まではバスで10~15分くらいだったかな。

地下鉄でドナウ河をはさんで国会議事堂の反対側へ。
キレイだ~~~
洪水で大変だってネットで情報仕入れといたけど、たしかに増水してました。だいぶん水は引いてるらしかったけど。
c0052689_23383738.jpg
河沿いの道がどっぷり水に浸かってます。。。

そこからくさり橋方面に歩いてみました。
c0052689_23404073.jpg

王宮の丘にはケーブルカーを使って登りましたよー。景色ヨイ!!
c0052689_23434542.jpg
この日は王宮周辺をプラーっと歩いてマーチャーシュ教会の中に入ったりしてから、丘をおりてくさり橋渡って、その先をまたプラプラして早めにホテルに戻りました。もちろん爆睡でした。

2日目につづく。。。


人気blogランキングへ
[PR]
by brioso-brioso | 2006-04-13 23:46 | travel

写真を更新してます

本家サイトbrioso×briosoのphotoのコーナーでSPAINの写真をUPしています。
40枚と盛りだくさんで更新しているので、時間のあるときにぜひ。このお正月休みにぜひぜひごらんください!!
ちなみにブログのみをごらんのみなさん、本家サイトには横の帯にリンクを貼っていますので、そちらからどうぞ。
[PR]
by brioso-brioso | 2006-01-01 13:40 | travel
忘れてたけど、スペイン旅行する際、いろんなHPで情報収集をしました。持参したガイドブックは「地球の歩き方 スペイン版」。もちろん日本語ですが。。。これは旅友norikoが日本から取り寄せてくれました。
順不同で利用したHPをご紹介。もしこのブログを参考にしてスペイン旅行計画を立てるという方がいたら、ぜひ参考にしてみてください。
easy jet
ヨーロッパ内を結ぶ格安航空会社。eチケットなので日本からもネットで申し込み可だと思います。ですが、荷物が確か15kgか20kgまでだったので、日本からの旅行者の方は重量制限にご注意ください。日本語はありませんが、英語で検索してください。

スペイン国鉄renfe
スペイン国鉄のホームページ。私は利用しませんでしたがチケット予約もできるのかな?よくわかりませんが時刻表なんかは見れます。こちらも日本語はありませんが、英語で検索してください。

バルセロナ・エッセンシャルズ
シトラスさんという管理人さんが個人運営でバルセロナの情報を発信している日本語サイトです。情報量が多く、とても役に立ちますよ。

4travel
日本国内・海外の旅のクチコミサイトです。かなり多くの情報が寄せられていて、参考にするといいと思います。

barcelonahotel.com
バルセロナはもちろん、スペイン各地のホテルがネット予約できるサイトです。私はこのサイトを利用してホテルをあらかじめ予約して行きました。激貧乏旅行で利用するようなオスタルなんかは出ていませんが、日本に比べて宿泊料金はかなり安いと思います。ちなみに私は、各地すべてツインを利用して1部屋1泊が平均€50くらいでした。

そのほかにも検索サイトで検索して出てきた個人の旅行記をいくつかランダムに読ませていただきました。でももうどこを見たかわからないので・・・。


最後に、どの旅行記を扱ったサイトでも書かれていることですが、私がここにUPした記事もリンクしているサイト内の情報も、旅行記などはすべて個人がそのときに体験したものが基になっています。私もウソは書いていませんが、みなさんが実際に旅行するときには変更されているものもあると思いますので、ネット上の情報だけを鵜呑みにせず、参考程度に御利用くださいね。

人気blogランキングへ
[PR]
by brioso-brioso | 2005-12-31 01:43 | travel

コッツウォルズ

いや~スペインから帰ってきて以来、すっかり回想録なブログになってしまっているけど、今年のことは今年のうちにってことで、クリスマスの次の日、ボクシングデーのことを。

イギリスでは26日がボクシングデーっていう祝日で、お店は24日は開いてるけど26日は閉まってたりとかする。田舎のほうは特にそう。そんな26日にロンドンからツアーに参加してコッツウォルズ観光に行って来ました。

コッツウォルズって私は街の名前だと思ってたんだけど、地域名なのね。なんか小さな村がポツポツとあって、その間の交通網はあまりよくないらしく、車がないと観光には結構不便らしい。ということでバスツアーを利用。4つくらいだったかな?村々を周りました。くしくもお天気はいかにもイギリスな曇り。そして寒い!!お店もボクシングデーってことであまり開いてなくって。。。でもかわいらしいコッツウォルズの風景を見ることが出来ましたよ。
c0052689_0513622.jpg
c0052689_0514791.jpg
c0052689_0515674.jpg

春の晴れた日だと、ハチミツ色の小さな家と花の色と青い空で、すっごいかわいい光景が広がるんだと思います。この日もイギリスの冬らしくってよかったけどね(笑)
[PR]
by brioso-brioso | 2005-12-31 00:53 | travel
8日目
え~マドリッドでは特に目的はありませんでした。どっちかっていうとイギリスに帰るための通過点的な感じ。でもマドリッド観光も最終日の夕方までできるように計画していたので、世界三大美術館に選ばれたりもするというプラド美術館へ。
ほとんどが宗教画でしたが、どれもこれもキレイですばらしかったです。絵のことはまったくわからないし、気に入るか気に入らないかくらいの主観的な感覚でしか絵を見ることの出来ない私ですが、あれだけの量を集められると、迫力負けしてしまいます。

この美術館で初めて見たんだけど、美術館内で模写ができるんだね。選んだ絵の前にキャンバスを設置して、本格的に描いていました。人に見られながらの模写って緊張しそうだ。中におじいさんくらいの人が書いてるのがあって、紳士的なおじさんが話しかけてた。スペイン語だったのでまったくわかんないけど、なんか絵描きのおじいさんが名刺みたいなのを渡してたので、もしかしたら紳士的なおじさんが絵描きのおじいさんの絵を気に入って「今度他の作品も見てみたいんだが・・・」みたいな話してたのかも~と思って見てた。聞いてもわからないから見てた。

それからはぷら~っとショッピングストリートとかを見てみた。

マドリッド、買い物しまくりたい人にはいいかもしれないけど(首都だから)、観光したい人は行かなくてもいいかも。行く前からガイドブックとかネットとかで知ってたけど、ムリして行くほどの魅力は感じなかったな。私たちはムリして行ったわけじゃないけどさ。


さて、帰りもeasy jetで。快適空の旅~~~。


8日間のスペイン旅行。英語の通じにくいスペイン、ムリムリと言いながらもなんとか第二外国語でやってたスペイン語と英語で切り抜けてくれたnorikoに感謝☆サンキュー。
危険は多いというスペインですが、被害にも合わず無事に帰って来ることができました。予定変更とかはちょこちょこあったけど大きなトラブルもなかったし。スペインを満喫できました♡
そのうち本家HPの写真コーナーに旅写真をいろいろUPしようと思ってますので、そちらもお楽しみに~。
それではみなさん、長々と旅行記にお付き合いありがとうございました。


スペイン、行ってみたくなった?人気blogランキングへ
[PR]
by brioso-brioso | 2005-12-29 07:45 | travel

スペイン旅行:トレド編

さて、マドリッドの朝。それまではどこに行っても晴れてたのに、まるでイギリスにいるかのような天気。
そんな天気にもめげずにトレドへ出発!
マドリッドからAVEで約30分。
が!!スペインは甘くなかった。AVEが5分以上(だったかな?)遅れたらチケット払い戻しとかってのがあるらしいけど、そのチケットを買うのにすんごい待つのだ!! 私たちの場合、30分くらい前に行ったけど結局買えず、その2時間後しか次のがなかったので仕方なくそれを買い、時間つぶしすることに。

ちょうどいいことにすぐそばのソフィア王妃芸術センターにあの有名なピカソのゲルニカがあるというではないか。ちょっくらそれだけ見に行ってみた。
ほかにもちょっと見たけど、やっぱゲルニカの持つパワーは絶大だったわ。

そしてトレド!曇ってたし、チョー寒かったわ~。
トレドでは観光バスみたいなのに乗って町をぐる~っとほぼ一周。ここは川に囲まれた町で、やはりイスラム文化に影響された町らしい。アンダルシアとは違って茶色い町だった。晴れてたらよかったな~。
c0052689_714364.jpg
c0052689_7144719.jpg

そして何よりも、ここでのニュースと言えば、サカイ君でしょう。再開しちまったよ。
行きに駅から町に来た道とは別ルートで駅に戻ろうとnorikoと歩いていたら眺めのいいらせん状の坂の上へ出ました。そこから下の道を覗き見てみると・・・そこに見覚えのあるニット帽withサングラスが!!思わずサカイく~んと叫んでしまったとさ。

それから同じくマドリッドへ向かうという彼と話をしつつ歩いて駅へ。まだチケットを持っていなかった彼は窓口に並び、私たちはそばのベンチで時間待ち。乗車が始まったのでホームへ行こうとしたとき、辺りに彼の姿はなかった・・・。見ていたnorikoによると、なにやら並んでるときに話してた??人と一緒に奥の事務所に入っていったとかいないとか。。。そんな不思議であっけないサカイ君とのお別れ。こっちでの大学は知ってるけど、それ以上の情報は何もないという・・・。どっかでまたばったり会ったりしないかな~。写真撮ったりメアド聞いたりしたらよかったかな~。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-12-29 07:28 | travel