イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

6月22日;日本-ブラジル戦

もうなんと言いましょうか?
日本人だし、日本応援してるし、あんまり批判ばっかしたくないんだけどさ、、、

「もっとヤル気出さんかい!!」

前半の前半、というか玉田がゴールするまではよかったんだと思います。確かに攻められていたんだけど、よく守ってたし、実際ブラジルが打っても打っても入らなかったし。
玉田のゴールも流れからキレイに決まったと思うんです。でも、逆にそれがブラジルに火をつけちゃって、それ以降はご覧の通り・・・。

後半の後半なんてどうだったんでしょう?3点目まではまだ見てられたけど、4点目が入った後、もうコールド負けでいいんじゃないかと思ってしまったよ・・・。ロスタイム3分もいらんってば!!見てるこっちが気分悪くなるような後半の後半でした。
ボー然とただ笛が鳴るのを待つ・・・。

せめて走ってください。(大黒は走ってたけど)

こちらでは試合が終わった途端に選手の様子を写すでもなくカメラはスタジオに戻ってしまうので、その後の選手の様子は文字でしか知らないんですが、中田が泣いたそうで。。。
私は特に「中田好き」なわけでもないだけど、でも今回の中田は見ててつらかった。
チームがチームじゃなかったんだよね、きっと。オーストラリアと戦う前から戦う気が低かったのか?オーストラリア戦の後なんてもう・・・。

W杯に出ている時点で『弱いチーム』なはずはないんです。だけど『気力』とか『覇気』とかが弱い気がします。『勝つこと』にもっと執着して欲しかった。

前半の前半、守りとしてはよかったよ。でも、なんだかこの前のイングランド戦のように『負けたくない』だけの時間帯だった気もする。守ってるだけで攻撃しないし・・・。たとえボール持っても人数かけてなかったしね。そういう戦い方だったのかなぁ?『負けないけど勝てない』っていうね・・・。私、一番嫌いなの、そういう試合。

とかなんとか、チョー素人目で書いてます。間違ってるとことかいっぱいあると思うけど、これが私の感じたこと。

日本から遠く離れたフットボールの国で、最終戦を一人テレビで見て玉田のゴールに涙し、4点目を入れられてからの日本の様子に悔し涙した人間が一人、ここにこうやって存在しているという、今日の日記です。
[PR]
by brioso-brioso | 2006-06-23 21:24 | World Cup 2006