イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最後の夜

今日が今の寮で過ごす、最後の夜です。明日新しいシェアハウスにお引越し。
今日の午前中にプレゼンが終って一息つく間もなく、午後から引越し準備。今現在は、終ったような終ってないような。。。あとは明日の朝、適当に積めて移動です。

この部屋、そしてこのフラットでは本当にいろんなことがあって、いろんな場面が思い出されます。日々の生活の背景にあったこのフラット。私のこの1年の大事な舞台の1つでした。

フラットメイトと初めて会ったときのことは忘れられないし、みんなでゴハン食べたり飲んだりしたこともあった。オーウェンの誕生日パーティーとかもやった。
騒音に悩まされることもあった。ガマンできなくてセキュリティーを呼んだこともあった。それでもやっぱりフラットメイトはいい子たちばかりで、嫌いになれなかった。

たくさんの友達が私の部屋を訪ねて来てくれた。この部屋でいろんな話をしてきた。
窓から顔出して話したことも何度もあった。
そういう光景は今でも頭の中に消えずに残っている。

友達に会うのが最後なわけじゃないけど、こんな風に暮らしたことが今までなかった私にとって、この場所は特別なもの。
フラットに帰れば誰かがいて、メッセや部屋電で連絡とって「それじゃぁ今から行くね」って言った3分後に友達と会ってるような生活。
前から苦手だと思ってた『誰かと暮らす』ということに『快適さ』を見出せたかというと100%YESとは言えないけれど、『誰かがいてくれる心地よさ』を知ることができた。
からっぽになっていくキッチンで一人、物思いにふけってみたりしてる自分がいる。
誰かがここにいたことを思い出せる、話したことを思い出せる。もう二度と、ここにああやってみんなで戻ってくることはない。私がここで夜を過ごすことももう二度とない。
あぁ時間は流れてるんだなぁ・・・と思ったりする。

今はもう、ほとんどの人がここを離れていっていて、寮の敷地内はすっごく静か。
このフラットに到着したのは最初。出て行くのは最後。

ありがとうClive Booth Hall。次にここに住む人たちも去るのが名残惜しくなるような、そんな生活を送れますように。


人気blogランキングへ
[PR]
by brioso-brioso | 2006-06-03 09:39 | in UK