イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

seven sisters

さて、最近イライラ・モヤモヤ・ダラダラしてたので、「ここはいっそ気分転換」ということでちょっくら日帰り一人旅してきました。行き先はイングランド南部のイーストボーンにあるセブンシスターズです。白亜の岸壁が有名な海。昨日は天気もよかったので、キレイでした~。

まずはバスでヴィクトリア駅へ。そこから電車でゴー!
私が乗るはずだった電車、8両編成だけど途中で切り離すので後ろの4台しかイーストボーンに行かないものでした。で、ボーっとホームを歩いてたら前に行き過ぎちゃってて・・・ホームを走って戻ってたら向こうから同じようにニタニタ笑いながら走ってくる駅員(?)のおっちゃんが「what's going on?」 おっちゃんがコレなら大丈夫だからと言うのでその車両に。おっちゃん、ありがとう。ロンドンにも優しいイギリス人がいてよかったよ(笑)

電車では通路はさんでとなりに3歳くらい(?)の男の子とママが。その男の子がよ~くしゃべるのよ。聞いてておもしろかった。イーストボーンのおばぁちゃんに会いに行くらしかったんだけど、どうも彼は飛行機に乗りたいらしくって。途中ガトウィック空港駅に停まるんだけど「ママ、降りよう。ここでしょ?ボクらが行くのはココでしょ?」って。ママはもうあきれてましたよ・・・。それからもボクはず~っとしゃべってたよ。おもしろかったわーあのこ。ママいわくおばあちゃんがジャケットのプレゼントを準備してくれてるらしいんだけど、ボクは黒じゃなきゃいやなんだって。黒じゃなきゃカッコよくないらしい(笑)

さ、そんなボクのおしゃべりを聞いてるとイーストボーン到着。そこからローカルのバスで20分くらい。バスのおっちゃんがまたいい人で(?)降りるところを教えてあげるねって言ってくれて。しかもなんでかわかんないけどお金いらないって・・・ラッキー。
でも結局おっちゃん、降りるとこ教えてくれるの忘れたんだけどね(笑)通り過ぎて私も「あれ?ここじゃないの?」って思ってたらバスに乗る前にちょっと話してて近くに座ってたおばあちゃんが「セブンシスターズよ!!」って教えてくれて前に言ったらおっちゃん「ゴメン忘れてた。ちょっと歩いて戻ってね」だって。いーよ、そののんびり加減。素敵よ。

さて、セブンシスターズ、ガイドブックでもおなじみの景色はここからは見えない。原っぱをひたすら歩きましょー。途中にはヒツジちゃんのウ○チがいっぱい落ちてるから注意。三輪車とか自転車に乗ったチビっこが突進してくることもあるので注意。あと、犬もいっぱいいる。。。
30分くらいのんびり歩いてると向こうに白い崖が!!そして目の前には砂利と海!!
c0052689_19215941.jpg
c0052689_1922107.jpg

いやーきれいだったよ。なんかのーんびりしててね。「コレ、イギリスなのかぁ?」ってくらい。海のないイギリスしか知らないもんでね・・・イギリスの海って始めて見たよ。

散歩コースは崖の下にたどり着くのと崖の上を歩くのと2つあります。私は高所恐怖症なのと、初めてだしやっぱ崖を見たかったので、崖の下に行きました。上に行ってる人もいたよー。もし行く人いたら、上は柵とかないので気をつけてください。

ここの海、砂浜じゃないのよねー。砂利ジャリ。歩くのちょっと大変デス。しっかりした靴で行きましょう。イギリス人はよく散歩とかするので『ウォーキングシューズ』をちゃんと履いて来てる人もいました。私はコンバースで・・・底が薄いのでジャリのとこはちょっと痛かったです。。。

海見て崖見てボーっとして。イライラ・モヤモヤ・ダラダラとかを考えるために来たはずだったけど、そんなことを考えることさえも忘れてしまいました。

海辺の滞在時間は1時間くらいだったと思うけど、もっとのんびりしたいねー。でも夏は日差しがキツそう・・・。でっかいパラソルとか立てたいね。でも風が強いから無理かー。

もう1回くらいは行きたいね。今回はお菓子持ってったけど、今度はお弁当持って行きたいね(日本人だから・・・)。



久々復活―今日の英語―
cliff: (主に海岸の)岩壁


クリックしておくんなまし。人気blogランキングへ
[PR]
by brioso-brioso | 2006-04-23 19:34 | travel