イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スペイン旅行:ロンダ編

この日はマラガを離れロンダ経由でセビーリャへ。
マラガからバスで約2時間半でロンダへ到着。ロンダは橋と渓谷が有名な町。その絶景を求めてヨーロッパ中から観光客が訪れるんだってガイドブックに書いてあった。この日は土曜日ということもあってか、本当に観光客らしき人がたくさんいた。

ロンダでは不思議な出会いが・・・。インフォメーションのそばの展望公園みたいなところでのんびり景色を楽しんでいると、、、“are you japanese?”と声をかけられ、声の主を見るとそこには日本人らしき青年が。いかにもバック一つで旅してます系の青年。
アジア系の人をあまり見かけないスペインでnorikoとよく小さな町に行くと「今ここにいる日本人ってうちらだけかもね。少なくともイギリスから来てるなんて誰も思わないだろうけどね」と話していた私たちに衝撃の事実がっ!! なんと彼はイギリスに1年の交換留学中というではないか!驚きでしたよ~。その彼、サカイ君はバックパッカーでスペインをほぼ無計画に旅行中とのこと。よっぽど日本語で会話がしたかったのか、はたまたタダの話好きか、、、ユースで出会った旅仲間の話を勝手に話し始めてしまった。。。かなりおもしろい話が聞けてよかったな。彼の話を抜粋。

まずはマリファナ好きのオーストラリア人の女の子。なぜか仲良くなり、誘われて予定にまったくなかったモロッコへ行ってしまった彼・・・。そこで水にあたってスペインへ戻り、私たちに会う前日には39度まで熱が上がってしまっていたらしい。そのときも微熱持ちでしたが。
そしてそのときに親切なスペイン人に病院まで送り迎えしてもらったらしい。その上今は荷物をその人のうちに置いていて、その日はその人のうちに泊めてもらうというではないか!さすがバックパッカーって感じ!! その後norikoとの間で『親切な○○人』というのが笑いのツボに。
そしてサカイ君、おなかを壊しているために食事制限が・・・旅に来て食事制限とはツライ。しかもその食べていいものっていうのが、鶏肉・米・りんご・・・。笑うしかなかった。

あとは知り合ったスウェーデン人と夜行列車の2人部屋で寝ているときのこと。泥棒が彼らの部屋に入って来て、テーブルの上に置いてあったスウェーデン人のバッグを盗もうとしたのをサカイ君が阻止した話。寝ていたスウェーデン人を起こしてその武勇伝(?)を聞かせると
「彼はそれを持って行くべきだったんだ。そのバッグには聖書しか入っていなかったんだから」
そう、そのスウェーデン人は敬謙なクリスチャンだったのです。

で、ロンダはというと、本当にキレイなところだった。イギリスでは絶対にお目にかかれないような渓谷。すごい迫力だった~。
c0052689_614555.jpg
c0052689_615823.jpg


ぷら~っと町を小さく一周。かなり歩いたな~。けっこう最後のほうはつらかった・・・。
そうそう、私らもね、親切なスペイン人に出会ったよ。ロンダでは宿泊予定がなかったので荷物を持ったまま観光するしかなかったんだけど、やっぱり荷物が邪魔。適当に入ったホテルで聞いてみると荷物を預かってくれるというではないか!ありがたや~、親切なスペイン人。フロントにいたお兄さん、もしかしたら受け取りに来るときにはいないかもしれないけど申し送りしておくからねって言ってたけど受け取りに行ったときもいて、笑顔で荷物を出してきてくれた。しかも申し訳程度のチップを置いて出ようと思ったら「いらないよいらないよ。これは君らのためなんだから」って。もちろん英語で。いいお兄さんだ~~~。しかも英語が出来るなんてさらにいい!

そして夕方橋のところでサカイ君に再会。温かいところに非難したいけどゴハンは食べられないというサカイ君のご要望にお答えしてバルへ。そこで小1時間ほど話をして私たちはセビーリャ行きのバスへ。
これが最後の別れではないということを、そのときの私たちはまだ知らなかった。。。

それにしてもあのセビーリャへのバスの中から見えた星空は最高にきれいだったな~。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-12-29 06:30 | travel