イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ジャパソとハンバーグと表情

昨日は兼ねてから約束していたハンバーグの日でして。。。これが前記事に登場した外出した理由。
ハンバーグの日っていうのはですね、何度か登場しているオランダ人の友達のタイグくんが、なんかゴハンを作ってくれるということになっていて、その約束の日だったんですよ。「夕飯は作らなくっていいんだ~ラッキー」って感じで(笑)

で、ジャパソっていうのは“ジャパンソサエティ”の略で、日本でいう大学のサークルみたいなもの。なんか流れで私はその会員になっていて、でもほとんど行事とかには参加していないわけさ。でもタイグは結構参加してるみたいで、昨日も"language exchange"に参加してたの。この"language exchange"って、参加したことないのでよくはわかんないけど、こっちに留学してる日本人とこっちで日本語を勉強している人たちで言葉を教えあったり、文化交流してみたり、ちょっと雑談に花を咲かせてみたりって感じで時間を共有してるんだと思う。あくまでも思う。まぁいずれ近いうちに参加してみたいなと思っているので、実際に行ったらまた。。。
で、その"language exchange"のあとに「“電車男”をみんなで学校で見るんだけど、来ない?」って電話をもらって、電車男、あらすじ程度の話は知ってても本も映画もドラマも見ていなかったので、見に行ってみた。

なかなかおもしろいね。ドラマのほうで、確か第3話だったんだけど・・・・・・って、そっちよりも驚いたことが!!
あれ、どうやってかはわからないんだけど、日本のドラマに英語字幕がついてDVDになってんの!!市販のものではないのは確かですな。。。ドラマって、一番最初の提供の画面って、よく本編にかぶってたりするでしょ?そこの部分で「提供」が出てて。CMもあるの!?って思ったらすべてカットされて編集してあった・・・。続き、見たい。。。

音声は日本語なので、日本語聞きつつところどころ英語字幕を追っていたんだけど、英語になってもオタクの省略形(?)のオタはo-taだったし、萌えはmoe~だったし、電車男の呼び名の電車はDenshaだったし、キターーーーーーーはkitaaaaaaaaaだった。表記が正し再現されてるかはわかんないけど、とにかく日本語のままで、それもちょっとおかしかった。

で、ハンバーグの話。材料とかそろえてくれてて、ありがたや~って感じ。ほかにも2人友達いたんだけど、私、ほとんどすることなくって、マジお客さんみたいだったと思う。。。ゴメン。。。でもタイグが昨日はシェフだったんだもんね、、、いいっしょ。
出かけた後で、ちょっと遅めのゴハンになってしまったけど、おいしかった~~~。

そのあとが問題だった!!ちょっといろんなことがありまして、タイグがちょっとすねちゃって。というか、厳密にいうと、本人はのちに否定してたけど、私たちが傷つけてしまった感があって。私としてはちょっと後味の悪い終わりかたというか、不安の残る解散でした。。。

日本人が集まっても英語で極力会話するように、他の国の人がいるときはなおさら気をつけるようにはしてたんだけど、昨日はいきおいあまってみんなが日本語でしゃべりまくってる時間(別の日本人ちゃんが加わったあと)があって。。。きっとあれはよくなかったな~と思う。
かりにもタイグが開いてくれた食事会であって、そこでは英語が公用語で、そういう時間を共有していたはずなのに、なんでか突然切り替わってしまった。。。その一瞬タイグが輪から抜けてたこともそのことに拍車をかけたってのも事実だけど、それが原因ではない。
仮にもタイグは日本語を勉強していて、でももちろんまだ私たちの日常会話を理解できるようなレベルじゃないから、もしかしたら“母国語での会話が始まっちゃった”ってことに加えて“わからない”っていうのもネガティブに働いたのかな~と思う。

最後ら辺はタイグもちょっと気分を害した風で、気になって声をかけてみたりはしてたけど、なかなかそんなところまで探るというか、話せる状態でもなければ会話力もなくって、もどかしかった。もし日本でタイグの歳の日本人の男の子がああいう風に「気分を害しています」的な態度をとると「まったく・・・」って思ったと思う。日本人ってそういうのを隠す美学というか、最近はだいぶん違うとは思うけど、その場のムードを下げない気遣いとかを重視してると思うの。でも昨日のタイグに関しては、態度で示されて気付いたし、よかったなと思う。気付けたことに対して。あれが国民性の違いなのか個人的な違いなのかはわかんないんだけど・・・。

やっぱり気分を害したんじゃないか気になったので、メールを送っておいたら、気分を害したりはしてないし、もしそう見えてたとしても私のせいではなくって、別の理由だそうだ。その別の理由もちゃんと教えてくれたので、ちょっと納得できた。

それよりも、昨日は私が楽しそうじゃなかったらしい・・・。けっこう楽しんでたんだけど・・・。前から自分で気にはなっていたけど、私は会話のグループの中に入っていても、たまに聞き役に徹しているときがある。それは話題になっていることに興味がないわけでも、つまらなく感じているわけでもなくって、ただみんなが話していることに興味を持って聞き入ってて、発言せずに心の中でうなずいているだけになっていたりするの。これって、確かに私としてはそのことを理解してるし、その場を楽しめているけど、ほかの人にはわからないし、会話を楽しむのに発言は必須だと考えている人にとっては「楽しんでいない」以外のなにものでもないのかもしれない。いや、会話を楽しむのに発言は必須だとタイグが考えているのかどうかは確認してないけど・・・。

それに加えて、私はそういうその瞬間に感じている気持ちを表情に出したり言葉にしたりするのは苦手だときたもんだ。これほどやっかいなことはない。

会話中の発言や表情って気をつけてるつもりだけど、ついついいつものスタイルに治まってしまっていることがよくある。まぁ、昨日はすでに疲れていて、もう夜も遅かったし、次の日の朝が心配だったっていう、理由にならない理由ならあるんだけど・・・。

長くなってしまった・・・。
とにかく、昨日のハンバーグはおいしかったということ。
電車男はおもしろかったということ。
自分の感情を表情に出したり発言したり、もっとできるように気をつけようということ。
そういうこと!
[PR]
by brioso-brioso | 2005-11-19 11:54 | in UK