イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ストレス1のその後2

いや~今思い出してもハラハラの一日をお伝えしましょう。
それは昨日(金曜日)の話。

8時15分頃
朝、学校に行く前にメールチェックをすると、前日だか前々日だかに送った苦情メール(たぶん第3弾)に対するお返事が。。。
ま、要約するとですね、
「荷物についての詳しい情報(差出人の住所、受取人の住所)などを送れ。
で、もうこれ以上このことについてのメールはしなくてヨシ。」
おっと~~~。って感じ。荷物の詳細についてはもうすでにメールしてるし、最新のメールには「詳細についてのメールは送った」って書いたのに。また送れと。しかもこれ以上言ってくれるなと。はぁ~?と怒り心頭のまま学校へ。

10時半頃
学校の休み時間にちょうど電話がかかってくる。private callって表示だったので「もしやパーセルフォースでは!!」と思って教室を出て電話をとる。これまた要約すると、
「あなたの荷物、詳細を送ってもらって探したんだけど、見つからない。どうやらなくなったらしい。飛行機の関係もあるから、日本のオフィスに依頼して探してみろ」
お、そうきたか!ってかlostしただとー!と一瞬いかってはみたが、即効落ち込みに変化・・・。
教室に戻って、集まってた女の子たち(日本人・中国人・イラン人)に心の叫びを聞いてもらった。よって、授業の後半はすっごい凹んでた。もうなによりも早く帰って日本に連絡をとらなくては!って。

12時半頃
授業が終わって、みんなに励まされながら帰途につく。ちなみにちょっと早足(笑)
途中でふと携帯を見てみたらvoice mail(留守電)が入っていたので、聞いてみたらなんとparcel force oxfordから。で、要約すると
「あんたの荷物、ここにあるんだけど、いったいいつ届けたらいいわけ?そこんとこ、今からいう電話番号に電話してよ。」
はぁ~~~~?なくなったんじゃなかったの!? とパニックに陥る私。歓喜よりもパニック。もしや聞き間違いか!?と思ってじたばたしてると、ちょうどそこに英語ペラペラのオランダ人の友達が。挨拶もそこそこに有無を言わさず留守電を聞いてもらう。で、説明されるとやっぱり自分の聞き取ったことがあってた!あ~よかったよかった。とりあえずなくなったなんてのはウソでーと思って、一安心。そこからの帰り道は、延々荷物が届かなかったこれまでのエピソードを話して聞いてもらった。

1時頃
部屋に帰りついて、キッチンで先日電話をしてくれたフラットメイトのサムさんがいたので、またもや留守電を聞いてもらい、officeに電話してもらう。で、結局「今日持ってきて」っていうと「ムリ。今日行ける保証はない」と言われたので、おとなしく「月曜の午前中」というところで落ち着かせてもらった。これで一件落着といかないのが、この国のおもしろいところで。。。

もう興奮気味に友達に連絡。彼女も同じくらいに日本から荷物を送ってもらってて、いまだに受け取れてない人の一人。彼女の場合、配達されてもないのに“配達を試みたけどできなかった”って記録が残ってたり、“○○に再配達します”って言われたのにすっぽかされたり、、、という感じ。もう毎日学校に行って励まし合って早1週間強。

翌日の12時頃
前出の友人に「荷物来た?」と連絡してみた。彼女、今日(土曜日)の午前中に再配達してくれってリクエストして「土曜日だと手数料がかかる」って言われたけど、それでもいいから受け取りたいって土曜日を指定したので。
結果から言うと、受け取れていない。というか、来ていない。。。


はたして私の荷物は月曜日に本当に届くのか!?
もし届かなかったらオフィスまで取りに行こうって友達と話してるところ。もう、このストレスから早く解放されたい一心ですよ・・・。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-10-23 02:15 | in UK