イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ハートで感じる英文法(9月8日放送分)

今日のテーマは「仮定法」
私の苦手な仮定法。受験英語でイヤというほどネックになったので、そのコンプレックスをなくすために、今日もNHK教育をチェック☆
以下、番組で取り上げられた内容を私なりに編集。

if i find a milion dollars, i will keep it. もし100万ドル見つけたら、私は自分のものにするでしょう。

仮定法だと・・・
if i found a milion dollars, i would keep it.  もし100万ドル見つけたら、私は自分のものにするでしょう。

どちらも現在のことを言っているので日本語訳にすると同じ。

i will    実際に起こりそうなこと
i would  実際には起こりそうにないこと=現実離れしたこと  を表している。

i wish i had a lot of money. たくさんお金を持っていたらなぁ。。。(ありえないけど、、、願望)

「現実離れ」した=遠くにある。つまり、、、
過去形のイメージ「距離感」と同じイメージで。

if you bought it for me, i would be so happy.  →買ってくれないだろうことはわかっているけど、ねだってみている。
if you buy it for me, i will be so happy. →買ってくれると信じてねだっている。

if i were a bird, i would fly to you. もし私が鳥だったら、あなたのもとに飛んでいくのに。 wasではなくwereなのは昔の名残。wasでもよい。

ifを使わない仮定法。たとえば、、、
in your place, i would dump her. キミの立場だったら、彼女は捨てちゃうな。(キミの立場にはなりえないので仮定法)
in your placeの変わりにin your positionやin your shoesでも代用可。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-09-08 23:40 | English