イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今後の予定

とりあえず、condtitional offerがもらえそうなので、ちょっと安心してきました。今までかなり不安だらけだったので。いろいろ聞いてくださったみなさん、ありがとうございました。どうにかこうにかイギリスでコースに入ることは出来そうです。ま、それがいつになるのか・・・ってのが問題。

まず、先月受けたTOEFL(PBT)の結果がそろそろ届くハズ。すべてはそこから始まりますね。

留学がきちんと決まって落ち着いたら、それまでの私の歩みをまとめたいと思います。今後の留学準備生のためになるようなものが作れたらなと。。。

でも取り急ぎ今の私の状況を整理するためにも、ちょいとここらでミニ講座と共に・・・

合格にはuncondtitional offer(無条件入学許可)とcondtitional offer(条件付入学許可)の2種類があります。
前者はそのままの意味。後者も意味はそのままです。ここで条件としてあがるのが、英語力の向上や学校を卒業することなど。それを満たしたことを証明して初めて入学が許可されます。
私は今condtitional offerを出せるけど、受け取るのかどうかの意思確認をされているわけです。みなさん複数のコースに出願するので、「結局のところ、うちのコースに来るんですか?来るならオファー出します」みたいな内容です。
私はおそろしいことに1校にしか出願してないので、自動的にここに決まります。

この条件(英語の場合)は、コース開始までに時間のある人は、それまでにテストを受けて条件に合う点数を修めればいいわけです。夏にpre-sessionalコース(準備コース)をとることが条件になることもあります。

そんなこんなの準備をして条件を満たしたら、晴れて入学となるわけなんです。

私の行こうとしているpre-sessionalコースは、英語のレベルによって期間が違います。もちろん今のレベルが低いほど期間は長い。
そこで、先月のTOEFLの結果を待っているわけ。ここでpre-sessionalコースの条件を満たしていれば、さっさと渡英準備にとりかかります。9月の時点で、自分的に準備万端になっているかは、いちかばちかです。

でも今のところ、私自身としては、院の過程で充分な成果を出せる準備(主に英語の)が整ってないと思っているので、やはりあせって入学せずに、入学を1年延期しようかと考えてます。

ではなぜ1年延期するつもりがあるのに、レターが来ないと騒いでいたのかと言うと、やっぱり不安だからです。出したもののなかなか返事が来ない。しかも私の場合、コースに対するいろんな条件を出してて、それに合うものをやっと探して出した、たった1校の願書だったので。ここがダメならまたコース探しに逆戻りになってしまうわけです。。。
1年後でも入学が保障されていれば、そこまでにきちんと準備をしようと頑張れるだろうし。
まぁ、願書を出した時点では、こんなにぎりぎりになるとも、自分の英語力が思い通りに上がらないとも思ってなかったんですが・・・。

ということで、一応TOEFLの結果を見てpre-sessionalコースに行くかどうかは決めようかなと。pre-sessionalコースの条件さえ満たしてなかったら、それから今後1年の計画を練ります。

だからどうなんだって感じだけど、自分の考えを整理するためにココに書きました。まだまだ予定は未定のKanaですが、なんとか渡英はできそうです。いつなのか・・・それが問題ダ。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-06-14 00:59 | 留学準備