イギリスで語学留学中です。当blogはリンクフリーです。by Kana


by brioso-brioso
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ロンドンのアート

さっき、NHKの世界美術館紀行を見ました。なぜって、今日はロンドンのテートモダンの回だったから。

去年の夏に行ったとき、テートモダンには行かなかったから。時間なくって。結構毎日、午後はいろんなところを訪ね歩いてたんだけどねー。テムズ川を渡ることはなかったですな。。。残念だ。

テートモダンは、ロンドンのセント・ポール大聖堂のお向かいさんにある、現代アートを扱った美術館です。現代アートは難しくって苦手って人にも楽しんでもらえる、オススメの美術館らしいです(NHK談)。
今日の番組を見る限り、なんだか興味深い美術館です。やっぱ行っとけばよかった。なんとかして。次にチャンスがあったら絶対行こう。

私自身、美術にくわしくないし、日本にいても美術館になんてあんまり行ったことないけど、ロンドンに行ったときにはさすがに行きました。気に入ったのはナショナルギャラリー。ここでは£3ほどの寄付金を払ったら、解説の音声プレーヤーを借りることができます。解説は主な30作品について。日本語もありました。私はもちろん日本語を借りましたけど。。。何か?

モネの“The Water-Lily Pond”。しばらくこの絵の前にいましたね~。なんか、動けなかったんですよ。すごく気に入ってしまいました。帰りに売店でポストカード買いました。
あと、EYCK, Jan van(カタカナ表記がわからない)の“The Arnolfini Portrait”これは、中学の美術の教科書で見て以来、なんだかすごく印象に残ってた絵。画家も題名も覚えてなかったけど、絵だけはすごく印象に残ってて。ナショナルギャラリーにあるってことをガイドブックで知ってからは、絶対に見に行こうと思ってました。この絵の前にもずいぶんいたと思う。

イギリスは、国立の美術館や博物館は無料(ステキ!!)。寄付金制です。「よろしかったら・・・」みたいな感じで、募金箱のようなものが置いてあります。「無料、ラッキー!!」って思うけど、行って、見て、帰るときになると、「いくらか入れて帰ろうか」と思ってしまいます。

あぁまた行きたいなぁ、ナショナルギャラリー。時間なくって(またか!)行けなかったお隣のナショナル・ポートレート・ギャラリーにも行きたい。
[PR]
by brioso-brioso | 2005-06-10 23:39 | in Japan